ぽにきゃん.jp

「赤井くんには彼女がいない~ハッピーエンドの描き方~」 刊行直前ショートストーリーWEB連載(その5)

「赤井くんには彼女がいない~ハッピーエンドの描き方~」 刊行直前ショートストーリーWEB連載(その5)

 

 銀と金の狭間に輝く月。

 照らされる石造りの古城。

 かつては手入れをされていたのだろう庭園は荒れ放題に荒れ、雑草が茂り、長らく人の手が入っていないことをうかがわせる。ところどころに置かれた石像は苔むして、蔦が絡まり、あるいは部位が欠損していたりする。

 今、その庭の片隅にある時計塔の中を、グロリアは歩いていた。

 黒いウェーブの髪。整った顔立ち。赤い刺繍のほどこされた白いローブを身にまとい、革のブーツをはいて、馬手に木の杖、弓手にランタンを装備している。ちらちらと揺れる頼りない明かりの中、静止した歯車の群れを横目にゆっくりと階段を上っていく。

 前方の闇の中を見据えていた瞳がすっと細められ、次の瞬間、グロリアは横に跳んだ。

 それを追うように、足元を叩く衝撃音が立て続けに三つ。革靴が着地して石段の埃を舞い上げ、ローブの裾がふわりと空気をはらむ。グロリアは杖を眼前に掲げて魔法の詠唱を開始する。

 敵の第二射。蒼い光弾が、今回も三つ。

 グロリアはそれを避けようともせず、

 光弾は一瞬にして眼前に迫り、

「聖なる守護を!」

 叫んだ瞬間、グロリアの周囲を淡い光の膜が包んだ。

 飛来した光弾が、光の膜に触れた瞬間に溶けるように消え失せた。白の防護魔法は十秒の間、自身への黒魔法のダメージを完全に無効化することができる。

 グロリアは石段を駆け上がる。前方に闇色のローブの人影を捉える。

 ランタンを腰に提げる。身体を大きく前傾姿勢にしながら駆け、右手の杖をぐるりと回転させて宙空に攻勢魔法陣を描く――発動。本来は治癒魔法のスペシャリストである白魔法使いが、その治癒能力を一時的に攻撃能力へと転化させる術。とはいえ、白魔法使いは万能ではない。黒魔法使いの魔法のように、遠距離・広範囲の攻撃をしかけることはできない。敵もそれがわかっている。ローブの人影、黒魔法使いは階段を上へ、グロリアから距離を取るように移動する。

 防護魔法が切れるまであと七秒。黒魔法使いと白魔法使いの直接対決は、よくもわるくも泥仕合にはなりにくい。そもそもが攻撃魔法に特化している黒魔も、攻勢魔法陣の影響下にある白魔も、生身の人間を相手にするには攻撃力が高すぎるのだ。決着は一撃でつく。だからこそ、集中力を極限まで研ぎ澄まさなければならない。グロリアは駆ける。

 防護魔法が切れるまであと四秒。充分に距離をとったと判断したローブの人影が、魔法の詠唱を開始する。グロリアは展開された魔術式の構成から、それが【スパークスパイク】であると認識――キャストタイム三秒、効果は一度きり、自身に攻撃してきた相手に対して凄まじい威力の放電による反撃を行う――それらを一瞬で意識して、グロリアは黒魔との位置関係を測る。敵は階段の上方、おそらくは踊り場になっている部分に立っている。そこまでグロリアが到達するまでに、五秒はかかる。【スパークスパイク】の発動を止めることも、白の防護魔法が切れる前に黒魔の位置まで到達するのも、不可能だろう。が、ここで時間を取るのは悪手だ。白の防護魔法はリキャストタイムが百二十秒だ。一度防護魔法が切れれば、当面は無防備になってしまう。

 防護魔法が切れるまであと二秒。グロリアは【ショック】の詠唱を始めながら、腰に提げたランタンを再び左手に、それを思い切り振りかぶって――投げた。

 防護魔法が切れるまであと一秒。ローブの男の【スパークスパイク】が詠唱終了。ほんの一瞬遅れてランタンが男に迫り、男はそれを杖で払う。ランタンは呆気無く撃ち落とされて床に炎を広げるが、そのランタンの投擲を「攻撃」だと認識した【スパークスパイク】が発動。熱した鉄の上に油をぶちまけたような音と共に、蒼白い雷光がグロリアを襲う――が、それはグロリアの全身を包む淡い光の膜に触れた瞬間に雲散霧消する。

 防護魔法が切れる。グロリアは既にローブの男の目前にいる。小さく口元に笑みを浮かべて、杖の先で男の腹部を突く――同時にキャストタイム2秒の攻撃魔法【ショック】の詠唱を終了。杖の先から男の身体へと電撃が走り、男は一度びくんと痙攣して、そのままどさりと床に倒れる。

「……」

 あたりには、静けさだけが残った。

 ほんの少しだけ乱れた息を整えながら、グロリアは昏倒した男の首に下がっていたアミュレットを手に取り、背後を振り返る。

「終わりましたよ」

 その声に、階段を上ってくる二人組の剣士と槍術士。いずれもまだ、着慣れない様子の鎧に見を包んでいる。剣士のほうが興奮したように、

「すごい……ソロでどうにかなるものなんですね」

 グロリアは薄く笑い、

「今回のは、シーズナルイベントのくせに難易度が高いですよね。いつもいつもイベントっていうと誰でも参加できる難易度になるのも問題ですけど、実際に高レベル専用のイベントにしてしまうのもどうかと思います……うまく住み分けができるようなバランス調整にしてほしいものですね」

 グロリアは言いながら、アミュレットを剣士に手渡した。剣士は申し訳無さそうに、

「でも、いいんですか? いただいちゃって」

「いいんですよ。私にとっては簡単なことなんですし」

 グロリアはにっこりと笑い、

「いつかあなたたちがベテランの冒険者になったとき、ビギナーの人に、同じようにしてあげてください」

 言い残してログアウト処理を開始する。

 あの、もしよろしければフレンド登録お願いできませんか、と槍術士が言ったのが、一瞬だけ目に入った。

 

                    *

 

 ウィンドウが閉じる。

 右手をマウスから離して、パソコンデスクの前で、黒田夜明は深い息を吐いた。

 知らない人と話すのはものすごく苦手だ。

 MMOに向いてないのかもしれない、とも思う。が、それはそれとしてゲームの1ジャンルとしてのネットワークゲームは好きなのだから困ったものである。

 MMOというのは――まあ要するに、ネットワークを通じて、ひとつの世界の中で、たくさんのプレイヤーが同時に遊ぶゲーム、である。Fatal Funeralは日本のわりと老舗なゲームメーカーが半年ほど前に正式リリースしたMMORPGであり、夜明はそのβテストから参加しているディープなプレイヤーであった。

 のだが、夜明にはフレンドと呼べるようなフレンドはいない。

 一応、フレンドリストには十名ほどの名前が登録されている。が、その誰もが「一度どこかで行動を共にして、フレンド登録だけはしたものの、そのあと個別チャットの一回すらも送っていない」相手である。

 もちろん、寂しくないわけではない。

 だから夜明は、数ヶ月前に銀河をこのゲームに誘ったのだ。一緒にオンラインゲームをやらない? と。しかし銀河は「心苦しいのですが」と前置きをして、申し訳無さそうに続けた。

「何しろネットワークゲームというのが時間食い虫だということは俺も知っています。うまく付き合うことができる器用さを持ちあわせていればいいのですが、俺の場合はやるとなったらとことんというタチなので……漫画制作のほうに支障をきたしてしまいそうなのです。なので、すみませんがご一緒することはできません」

 銀河の言うことはもっともであった。

 プレイスタイルとかゲームシステムとか云々の話はさておき、事実として、夜明のFFのステータス画面を開けば「Total Play Time :  655:47:32」の表示がある。一日平均とかなんとか、考える必要もあるまい。結果トータルとして、650時間もの時間が、既にFFに費やされているのだ。

 無論、夜明としては、それ自体を時間の無駄などとは思わない。むしろソフト代金と月額利用料で、それだけ長い時間を楽しめていることを嬉しく思う。

 だが、漫画家になるために一秒でも多くの時間を積み重ねようとしている銀河に、それを押し付けることはできない。

 立ち上がる。

 夜明の部屋は、パソコンデスクが置かれているのが異質な感覚を受ける、和室である。畳敷きで、和箪笥と机と本棚が置かれ、廊下にはふすまでつながっている。

 夜明は机の上からスマートフォンを手にとって、メッセンジャーアプリを立ち上げた。ルナの名前をタップして、メッセージを打ち込みかけて――やめる。

 たとえばルナならば。

 夜明は、やめておけばいいのに、そんなことを考える。

 もしルナがFFをプレイしていて、先ほどのシーズナルイベントに参加していたとしたら――まあそもそもの前提として、ソロで参加はしないだろう、というのはある。きっと気の知れたフレンドが何人かできていて、それと一緒に仲良く参加しているだろう。

 まあそれでも、たまたま何か理由があってフレンドが全員オフラインのタイミングか何かがあって、ソロでシーズナルイベントに参加していたとしよう。

 ルナならば、初心者冒険者に対してあんなかたちのヘルプはしないだろう、と夜明は思う。ルナがどのロールでゲームをするかはわからないが、少なくとも先ほどの夜明の立場でいえば、職業は白魔法使いだった――ロールでいえば、ヒーラーだったのだ。二人の回復役に回ることだって、もちろんできた。

 だが、ソロで倒してしまうのが、楽だったのだ。

 あらゆる意味で。

 単純に戦闘としても、低レベルの剣士と槍術士に高レベルの白魔が加わる構成より、白魔ソロの方が戦闘能力は高い。まず守備の面で、守らなければならない対象が自分だけなのと、3人なのとでは大きく違う。そしてその余計な守備に割く分の力を攻撃に回すことで、低レベルの二人を合わせたのよりも遥かに高い攻撃力を叩き出すことができる。

 それに加えて、仮にルナであれば――「理想的な先輩であれば」そうするように、二人に戦闘のメインを無理にでもさせて、自分がサポートに回るようなことをすれば、必然的に新人の二人とコミュニケーションを取らなければならなくなる。

 それは、戦闘が云々よりも、夜明にとっては遥かに難易度が高いことであった。

 でも、ルナならば。

 きっとスマートにそれをやってのけるのだろう、と思う。にこやかに笑って、軽い冗談でも交えながら会話を弾ませて、ビギナーの二人に「勝つ喜び」を与えながら同時にイベントの楽しみも与えて、最後にはきっとフレンド登録をして別れるのだ。おまけにそのフレンド登録もその場だけのものに終わらなくて、次にログインしたときに「困っていることはない?」とか声をかけてあげられて、それがきっかけで親しくなったりできるのだ。

 そういうのが、コミュニケーション能力なのだと思う。

(ステータス、振り間違えたかなあ……私)

 人生におけるステータス配分の割り振りがあったのだとしたら。対人スキルにもっと振っておくべきだったのだ、と思う。

 そう思って――

(そもそも、ボーナスポイントの時点で、だめなのかな)

 ステータスを見比べたとして。

 ルナに勝っている数値が、自分のどこにあるのだろう。

 思考の泥沼に落ちかけて――

 夜明は、ふと、思い出した。

 昨年の、12月31日のことだった。

 

                    *

 

 もうじき新年を迎えようという頃。

「夜明先輩、少々よろしいですか」

 夜明と銀河とルナは、藍園にある小さな神社にやってきていた。

 銀河がそれを切り出したのは、ルナが列を離れたタイミングだった――というか、銀河によって、甘酒をもらってきてくれ、と使いに出されたのだ。今になって考えれば、銀河はむしろ、夜明に話をするためにルナを離れさせたのかもしれなかった。

「……な、何?」

「俺は夜明先輩よりも若輩です。人生の総プレイタイムでいえば、夜明先輩を上回ることはできません。が」

 銀河は眼鏡を中指で押し上げ、人差し指で宙空に線を描いて、

「グラフの0の位置から、16、夜明先輩は進んでおります。俺が進んだのは15です。その差は埋まることはありません。が、その矢印の向きはけしてイコールになりません。それこそ、この世に存在する人の数だけ、矢印の向きはあるでしょう。なればこそ――俺には俺のものの見方があって、ときには夜明先輩の役に立つこともできるかもしれないのです」

 突然何を言い出すのか――そう思う夜明の前で、ほう、と白い息を吐いて、銀河は続ける。

「夜明先輩は、あのとき、自分には部長はできないと言いました。それはなぜですか?」

 あのとき。

 考えるまでもなかった。4月。夜明と銀河が出会ったときのことだ。

「あのときは、言わなかったのです。それは夜明先輩が、それをそれでいいと思っている可能性があったからです。が、夜明先輩はそうではなかった。……夜明先輩は、今の自分があまりお好きではないように見受けられます。だから、聞いておくのです」

「……」

 夜明はうつむく。

 石畳を、お焚き上げの光がちろちろと照らしている。

「そ、それは……こ、こういう性格だから」

 銀河はうなずく。その眼鏡に、火の光が反射している。

「いいでしょう。では次の問いです。……『性格』とは何ですか?」

「……え?」

 一瞬、質問の意味がわからなかった。

 えっと、性格、って、

「う、生まれ持っての、か、考え方とか、行動の傾向……?」

「では、どうしてそれが『こういう性格』だと思ったのです?」

「え……」

 夜明は考え、

「え、えっと、た、たとえば、ぶ、部活動説明会に出られなかったし……」

 銀河は、得たりとばかりににやりと笑う。

「そうです。結局のところ、性格を定義するのは、自分のしてきた思考や行動の結果なのです」

 ぴ、と人差し指を立て、

「だからこそ。実のところ、性格を変えたいなどというのは、簡単なことなのですよ。たとえば目の前に部活動説明会があり、それに出なければならない、でも私はこんな性格だから……と思ってしまったとき。解決方法は、実に簡単なのですよ。無理にでも出てしまえばいいのです。そうすれば、そこにいるのはもう『説明会にも出られない性格の夜明先輩』ではなく『なんだかんだ言っても説明会には出られた夜明先輩』なのですから」

「……」

 それができれば苦労はしない。と、夜明は思う。

 いや、しかし、それでも――銀河の言うことも、夜明はわかるのだ。

「これはある意味では詭弁であり、言葉のトリックであり、インチキです。それでも。性格というのは持って生まれた固定の変えられないモノなどという考えは捨てるべきなのです。次に夜明先輩が何かにぶつかって、自分の性格がイヤだと思うことがあったのなら、そのとき俺のこの言葉を思い出してみてください。――口はばったいことを申し上げてすみませんでした」

 そう言って、銀河は頭を下げてから、

「あと、付け加えておきますが」

「……?」

「俺は、たとえどんなであっても、夜明先輩が好きですよ。ああ、いえ、変な意味ではなく」

 そう言って、銀河はにっと笑った。

 

                    *

 

 そして、年が明けた。

 銀河はそれ以降、それについては一言も触れなかった。

 夜明は、今になってその言葉を思い返し――

 そのめちゃくちゃな言い分が、少しだけ、理解できた気がした。

 スマートフォンを机に戻す。

 今すぐに変わることは、それでも、できない。

 多分それは、夜明がコミュニケーションによって傷つくことを恐れているから、なのだろう。

 だけれども――

「そのとき」がきたら。

 たとえ傷つくリスクを犯しても、一緒にゲームをしたいような相手が現れたら。

 たとえば一年生が入部してきて。

 その一年生が、素敵な子だったりしたら――

 そのときこそ、夜明は少しだけ変わろう、と思う。

 

 赤井夕陽が2研に入部してくるのは、もう少しだけ先の話である。

 

記事一覧へ戻る
SP版で表示する