ぽにきゃん.jp

「赤井くんには彼女がいない~ハッピーエンドの描き方~」 刊行直前ショートストーリーWEB連載(その4)

「赤井くんには彼女がいない~ハッピーエンドの描き方~」 刊行直前ショートストーリーWEB連載(その4)

 

 

 12月28日、午前5時45分。

 東京・国際展示場駅に、銀河たちは下り立った。

 まだ日は出ておらず、周囲は薄暗い。そのせいもあって非常に寒い。海が近いためか風も強く、耳が痛く感じるほどだ。

 周囲は都心の出勤通学ラッシュを思わせるほどの人、人、人の群れ。ざわざわとした喧噪。拡声器で案内指示を出すスタッフの指示に従って、その誰もが足を止めることなく移動していく。

 大規模同人誌即売会「コミックパッション」の初日(全三日開催予定中)であった。

「ふむ、到着したか」

 クリスマスの時とほぼ同じ服装の銀河だが、今日はロングコートの前を留め、マフラーも装備している。見えないところでは肌着に使い捨てカイロを貼っている他、靴の中にもコートの内ポケットの中にもジーンズのポケットにも使い捨てカイロが突っ込んである。

 同行者はルナと夜明の二人だ。ルナはダッフルコート、夜明は黒いロリコートを身にまとっている。中の服はわからないが、普段はスカートの二人が、二人とも今日はロングパンツを履いているのは冬コミに「本気」だからだろう。

 人の群れに流されるようにしながら、三人は固まって歩き始める。

 ルナが声を弾ませて、

「二人とも、昨日の「freeze!」最終回は見ました?」

 銀河はうなずき、

「ああ、なかなかに感動的だった」

「わ、私は……あれは3話くらいで切っちゃった」

「えー、すごいよかったですよ。あの幼馴染み組良すぎるよ天使だよ尊いよ」

 きらきらとした目で語るルナを横目で見やり、

「まあ、今期の女子向けアニメのエースだからな……今日もルナくんの本命はあれなのだろう?」

「うん。公式がグッズセットを出すから、まずはそこからのつもり。五千円だけど、銀河さんの分も買っておく?」

「すまないが頼もう。お金は先に渡しておいたほうがいいか?」

「うん、あんまり予算がないから……」

「了解した」

 二人のやりとりをよそに、夜明が前方を見やって、

「そ、それにしても、い、いつもどおりすごい人混み。い、一般列の最後はあそこかしら?」

「ああ、スタッフの指示が出ている。あちらに向かおう」

 スタッフに従って、一般行列の最後尾に並ぶ。とりあえず「最後尾と言われた場所」に並んだだけであって、列がどこからスタートしてどのようにここまで続いてきているのかはよくわからない。それくらい人の数が多いのである。見渡す限りに人混みが続いている状況というのもちょっと日常ではあり得ないほどだが、そのほぼ全員が「同類」というのも面白いものだと思う。

「も、もう列は動かないのかな……?」

「そのようだな。長丁場になる、体力温存するぞ」

 三人とも、携帯用の椅子を持ってきていた。地面に腰を下ろすのは、女子らしさがどうこうとかいう以前に、冷えるのである。三人で列の形成に配慮しながら椅子に腰を下ろす。

「さて、大手の情報共有に関しては既に済んでいるが、念のために最終確認しておこう」

「う、うん。お、お互いに被ってるところがあったら、チェ、チェックしましょう」

「私は企業からだから、あんまりそっちの大手はいけないんだけど……ごめんね」

 とはいえ、女性向け創作の配置日は今日だから、ルナは企業に行ったあとも多忙なはずだ。と、銀河は思う。

「気にするな。その代わりにあれだろう? 夜明先輩の分も」

「うん、リトルマジカルの原画集が出てるはずだから、3人分買ってくるね」

 リトルマジカルというのは日曜の朝にやっているアニメである。この3人は全員が視聴者であるが、特に夜明が熱心な作品というのが共通認識であった。ちなみにコミパにおけるジャンル区分は「アニメ(児童向け)」で、これも配置日は今日だ。ゆえに、夜明にとっても今日が本番ということになる。

「あ、ありがとう」

「お互い様ですから」

 言いながら、3人はサークルのチェックリストを交換する。銀河は夜明のチェックリストを眺め、

「しかし、知らんサークルはサークル名とサークルカットだけだとさっぱりわからんな……今度あれだ、一度部室に各自所持しているオススメを持ち寄って、情報交換をしたほうがいいのかもしれん」

「たしかに、そういうのはやったことなかったね」

「で、でも、わ、私たちの萌えはあんまり被らない気もする……」

 夜明の呟きに、銀河はふむとうなずき、

「なるほど、たとえばリトルマジカルにしても、我ら三人は見ているところが違う。ルナくん、見所を言ってみたまえ」

「……たかしくんとカルロスさまのほのかな恋」

「夜明先輩は?」

「も、もちろん、り、リマとたかしくん……」

「ちなみに俺の思う見所は、生意気をこじらせて世界征服に乗り出したカルロスとあゆみおねーさんの関係だ。できればショタおねであってほしい」

 リトルマジカルにおける、主人公がリマ、たかしくんというのはその幼馴染みで巻き込まれ方の一般人、カルロスはリマのライバルの悪い魔法使いである。たかし君の姉があゆみお姉さんであり、そのあたりのちょっと入り組んだ恋愛模様もリトルマジカルの見所になっている。

「……」

「……」

「な? いまいち合わんだろう?」

「え、えっと、カルロスさまを軸に組み立てれば、リマとあゆみおねーさんとたかしくんの複雑な関係が」

「それでは公式をなぞっているだけではないか。いやまあ、悪くはないが」

「ど、同人誌で多いのは、ふ、二人くらいに登場人物を絞って、か、関係性を深く描いてるものだから……」

「そういうほうが描きやすいっていうのはあるかもしれませんね」

「というか、おおよそ24ページだの32ページだのの同人誌で、どうやって4人の人間関係を掘り下げるというのだ。安易に考えつくのは成人向けにして4人で乱」

「下品禁止」

 ルナは銀河の発言をばっさりと遮り、

「それに、私はカルロスさまとたかしくんだったらカルロスさまが受け派ですけれど、銀河さんのほうは違うでしょう? ショタおねって今さっき言ってたし」

「たしかにカルロスの生意気攻めが基本ではあるが、俺の場合は逆でも一向に構わん。……リマとカルロスでカップリングする場合、カルロスが強引に攻めることになるのか?」

「そ、そういうのは、じょ、冗談でも聞きたくない」

 夜明はいささか不機嫌そうに言って、恥ずかしそうに続ける。

「……か、カップルなら、リマとたかしくんで、ふ、普通にたかしくんがリードしてほしいし」

「やはり3人の趣向を混ぜ合わせるのは難しいな……」

 銀河はうなり、

「しかしこう考えるとリトルマジカルというのも良くできた話だな。2次創作をしたい欲に駆られてくるぞ」

「銀河さんは漫画が描けるからね」

「それは違う、ルナくん」

 銀河は人差し指を振って、

「2次創作に限らず、創作の源流というのは、作れるや作れないに拠るものではない。大事なのは、作りたいか否か、ただそれだけだ」

「うーん」

 ルナは手袋をはめた人差し指をあごに当てて、

「たしかにまあ、私もイラストぐらいなら描きたくなったりはするかな」

「わ、私はそういうのはないけど……」

 夜明は少し口ごもり、周囲をちらりと見回してから小声で、

「ゲ、ゲームに関してなら、じ、自分でも作りたくなるかも」

「なるほど、総員多少はクリエイター気質があるのだな」

「私は読むほうがだいぶ先行ですけどね」

「わ、私も別に、そ、そこまでのものじゃ」

「ふむ」

 銀河は空を見上げる。少しずつ空が明るくなってきているが、まだ太陽は見えない。

「夏コミのサークル申し込み書を買っておくか。漫画は俺が描くとして、ルナくんのイラストも俺は好きだからな。1ページなり2ページなり描いてもらい、無論夜明先輩にもページを差し上げるとして――テキストベースで何か書くのでも一向に構わないと思います――ついでにその時点で新入部員がいればそれも巻き込んでみたい」

「サークル参加ですか……」

 ルナは人混みの彼方、逆ピラミッド型の建物に視線を向けて、

「コミパのサークル参加申し込み〆切っていつごろなんだろう。かなり早いうちにしなきゃならないはずだよね? 本の〆切とかはまだ考えなくていいと思うけど、ジャンルを考えなくちゃいけないね」

「とりあえずはリトルマジカルだろう? この話の出だしがそうだったのだからな。ジャンルの流行り廃りの問題はあるだろうが、描きたいものを描かずにどうするというのだ」

 冷たい風が吹いて、三人は身を縮こまらせる。

 ルナは内ポケットから取り出したカイロを頬に当てながら、

「新一年生が入部してきたとして、ジャンルが合えばいいんだけど」

「それ以前に、創作をしたい者かどうかがわからん。2次元を愛する者であれば誰でも拒まんのがうちの部の信条だからな」

「前から思ってたんだけど、うちの部って少数じゃない? 入部希望者って少ないの?」

 ルナの質問に、銀河はちらりと夜明を見やった。夜明は小さく頷き、

「きょ、去年は3年生が3人いて、わ、私と合わせて4人だったわ。う、うちの学校の場合、ま、漫研が結構な勢力を持ってるから。こ、今年はルナと銀河が入ってくれたから、よ、よかったんだけど」

「なるほど……たしかに入部するとき、漫研と迷ったんですよね。銀河さんはそんなことなかった? っていうか、私が2研に入ったときにはもう部長だったけど、あれってどういうことだったの?」

 たしかに、3年生が不在、2年生には夜明一人だけが在籍している部活で、1年生の銀河が部長をやっているのは異色である。ルナの疑問も最もだ。

「ああ――あのときのことか」

 銀河は腕を組み、当時のことを思い起こす――

 

              *

 

 さかのぼっての4月。

 藍園学園高校の入学式後。講堂で行われた部活動説明会に、銀河は最前列で参加していた。

 部活動の宣伝を希望する各部の代表者が順に壇上にあがり、それぞれ3分ほどのアピールをする会である。事前に受け取った部活動紹介の冊子に目を通していた銀河のお目当ては「漫画研究部」と「2次元文化愛好研究部」の2つであった。

 A4の冊子は1ページが3つに区切られており、1つの部に1つのスペースが割り当てられている。「漫研」のスペースには女の子の顔イラストが描かれており、吹き出しの中に大きく「部員募集中」と主張していた。それに対して「2研」のスペースには、中央に小さく「アニメ、漫画、ライトノベル、ゲーム」と書かれているだけで、他に何もない。

 敷居が低いのは、言うまでもなく「漫研」のほうだ。

 だが。

 問題なのは、どちらが銀河にとって居心地がいいか、だ。

 銀河は漫画が好きだ。

 無論、ただ「漫画が好き」な人間は、たくさんいる。

 だが、銀河のそれは、消費物として漫画を読む大勢の一般人のそれとは一線を画している。

 この感覚は、おそらく「なんとなく暇つぶし程度の感覚で週刊漫画雑誌を読んでいる程度」の人間にはわかるまい、と銀河は思う。もちろんそれが悪いわけではない。だが――言ってみれば銀河は「漫画を愛している」のである。

 中学の頃、銀河が属していたグループは、漫画好きの集まりであった。

 最初は、漫画の話ができる環境は、それだけで好ましかった。

 しかし。

 彼女たちとの決定的な温度差を覚えたのは、中学2年の中頃のことだ。

 詳細は思い出したくもない。

 ただ、銀河はエンターテインメントには対価を払うべきだと主張し、

 彼女たちは、払わなくて済む金ならば払わない、と言い切っただけのことだ。

 法に触れるか触れないかなどは問題ではなかった。

 銀河にとって彼女たちのそれは唾棄すべき思考であり、その会話を耳に入れることすらも汚らわしく、それゆえに銀河はそのグループからそっと距離を取るようになった。

 ――部活ともなれば、玉石混淆になるのは解っている。

 だから、一人でもいい。「同類」がいる部に入りたい。

 銀河はそう考えて、部活動説明会に臨んだのだが――

 結論から言おう。「2研」は部活動説明会に不参加であった。

 銀河は「漫研」のアピールに、不満があったわけではない。男子生徒が3人壇上にあがり、超有名な漫画を題材にコントめいたことをやった、あれが悪いとは思わない。

 思わないのだが――

(……両方見ておかねば気が済まん、というだけの話でもある)

 そんなわけで銀河は、部室棟2階の中頃にある「2研」の部室前にやってきていた。

 スチール製の薄汚れた扉。斜めに傾いだプレートに「2次元文化愛好研究部」の印字。下には女の子のイラストが貼られており、飛び出したフキダシの中に「開放厳禁」と書かれている。

 何気ないイラストではあるが、銀河はそれに目を留める。

(これは……)

 いわゆる「萌え絵」である。が――

 4・5頭身ほどのディフォルメ感。女の子らしい身体のライン。身にまとうガーリーな服装から躍動感のあるポーズまで、全てが全力で可愛さを表現しているのがくみ取れる。基礎となる技術力が高いのはもちろんだが、その「気の遣い方」が好ましく感じる。

(……)

 銀河は控えめに扉をノックした。

 数秒待機するが、返事はない。

 もう一度、銀河は今度はいくぶん強めにノックをする。

 やはり返事はない。

(留守、か?)

 出直すべきだろうか。

 そう考えて、

 しかしなんとなく、ノブに手を伸ばした。

 鍵は開いていた。

「お邪魔します」

 声をかけながら、ゆっくりと扉を開いていく。

「……」

 黒髪ウェーブの女生徒が、部屋の中央に置かれた会議机に突っ伏して、小さな寝息をたてていた。

 教室の半分ほどの広さの部屋。左右の壁は一面の本棚になっているが、今はほとんど本が入っていない。正面の窓ガラスから差し込む夕方の陽光が室内を橙色に照らし、なんとなく「抜け殻」という印象を強くしていた。

「……」

 起こしたら悪い。出て行くべきだろう――

 そう思い、

 しかし、女生徒の顔の下に開かれているノートが気になってしまった。

 あの扉に貼られたイラストを描いたのは、この女生徒なのだろうか。

 だとすれば、もっと見てみたい。

 そう考えて、銀河はそっと、女生徒の近くに歩み寄った。

 だが、ノートに描かれていたのは、イラストではなかった。

 しかし、学校の勉強内容でもない。

 銀河にはすぐにわかる。これは――

「フローチャート……?」

 思わず声に出してしまった。

 けして大きな声ではなかった。が、先ほどより距離が近かったためだろうか――女生徒はゆっくりと目を開けて、

「……」

 銀河を見上げて、一瞬状況がつかめなかったかのようにまばたきをし、

 それから、がば、と身体を起こした。

「え、あ――えっと」

「ああ、すみません。ええと、2次元文化愛好研究部の見学をしたいと思いまして。1年E組の蒼乃銀河と申します」

 銀河が言うと、女生徒は口を半開きにして、

「え」

 と言ってから、ワンテンポの間を置いて姿勢を正し、

「は、はじめまして。く、黒田夜明。2年D組よ」

「はじめまして。時に、そのフローチャートは」

 銀河が言いかけて、

「っ」

 夜明は慌ててノートを閉じた。

 それを守るかのように覆い被さりながら、

「え、えっと、み、見た?」

「いえ、ちらりとだけです」

「そ、そう」

 ほお、と息を吐く夜明。

 銀河は中指で眼鏡を押し上げて、

「ゲームを作っておられるのですか?」

「  」

 夜明がフリーズした。

「菱形の1マスしか読んでいないのですが、アイテム名らしき固有名詞を所持しているか否かで分岐しておりましたので。いえ、自分も創作側の人間であるつもりですので、なんというか、そう恥ずかしがらんでください」

 夜明はうつむき、わずかに頬を紅潮させて――

「あ、あの、こ、この事は――」

「内密に、ですか」

 銀河が言うと、夜明はこくこくと頷く。

「喧伝する理由もないので、心配はいりません。このことは、二人の秘密、ということで」

「――あ、ありがとう」

「いえ、礼を言われるようなことは。むしろ盗み見てしまったことを謝罪せねばなりません」

 銀河は小さく頭を下げてから、

「ゲームが好きなのですか?」

 夜明は少し恥ずかしそうに、こくりとうなずく。

「アニメや漫画やライトノベルは?」

「あ、あんまり買えないから……ア、アニメはわりと観てるけど」

「今期のおすすめと言えば?」

「メ、メイ・ビー・ディフェンスフォースかな。げ、原作のライトノベルも買った……ほ、本当は円盤も欲しいんだけど、お、お金がなくて」

「なるほど」

 銀河は、にい、と笑う。

「俺も今期はメイビーが一番だと思います。本当は先ほども申し上げたように見学から始めようと思っていたのですが――こういうのは縁と勢いでしょう。2次元文化愛好研究部に入部させていただけませんか?」

「え、えっと」

 夜明は姿勢を正し、

「ひ、一つ、お、お願いがあるの」

 

                    *

 

 そのお願いというのが、その時点で「2研」ただ一人の部員となっていた――新入部員が2名入らなければ、廃部が決まっていたらしい――夜明を副部長とし、銀河が部長となることであった。

 それゆえに、銀河は一年生にして部長に就任したのだが。

「……まあ、その話は秘密だな」

 銀河はそう言って、うすく笑う。

「え、なにそれ、気になるよ銀河さん」

「まあ、ルナくんにはいずれ話すこともあるかもしれん」

 そう言って、銀河は眼鏡を中指で押し上げて空を見上げる。

「すっかり日が昇ったな。ようやく少しだけ暖かくなってきた――今日はわりと過ごしやすくなるかもしれん」

 その隣でルナも空を見上げ、実に邪気のない口調で言う。

「いいホモに出会えるといいなー」

「……よ、欲望が駄々漏れてる」

「今日! この日に! 欲望を漏らさなくていつ漏らすっていうんですか!」

 握り拳を作って熱弁するルナに、銀河はかかかと笑い、

「まあ、2次創作にせよオリジナルにせよ、ホモにしろそうでないにせよ、お互い良い本に巡り会えることを祈ろうではないか。今日、ここでしか出会えない本というのは確実に存在するのだからな」

 ちなみに明日と明後日は、ルナの主導によって三人はコスプレイヤーとして参加予定である。一年の締めくくりのイベントとして、良いものになればいい、と思う。

 銀河はポケットのスマートフォンを取り出して、時間を確かめた。

 時刻は8時58分。

 祭の開始まで、およそ一時間であった。

記事一覧へ戻る
SP版で表示する