ぽにきゃん.jp

ライトノベル9/3新刊 担当編集インタビュー!!

ライトノベル9/3新刊 担当編集インタビュー!!

9/3発売の「ぽにきゃんBOOKS」の新刊は、昨年実施されたポニーキャニオン主催
アニメ化大賞」で見事奨励賞に選ばれた4作品が一挙リリースとなりました!

そこで!担当編集の方々に、4作品についてインタビューしたいと思います!

 

*****************************************

キャッスル・メイド

PB011_ƒJ[ƒ}ƒŠ[_ƒJƒo[_

Q1)最初に作品を見たときの感想を率直にお願いします。

本当にライトノベルっぽくないな~と思いました。ただ、追加で頂いた「Re:鉄腕ガール」も含め、全体を通して世界観が確立されている上に物語がよく練られており、最初から作品のレベルはすごく高いと思いました!

Q2)それぞれのご担当作の、魅力を教えて下さい。

ベースは現代の大阪が舞台にはなっているのですが、能力者がいたり、異星人がいたり、少し不思議な世界観になっています。
"SF"というジャンルだけで聞くと少し難しそうなイメージをされるかもしれませんが、本当に読みやすく、出てくるキャラクターも個性的で、バトルもあり、笑いも涙もあり、更にうんちくも(?)あり、すごく楽しい作品になっています。
緒原博綺さんの素晴らしいイラストも必見です!!

Q3)ちなみに担当作品の中のキャラで誰推しですか?

本当に悩むのですが、やはりダブル主人公の一人、堀川恵です!
負けず嫌いで一生懸命で、その上"力場型"という能力の特性上、すごく男前なバトルを繰り広げるのですが、実はすごく乙女で可愛い部分がドンピシャです!!

Q4)最後に読者の皆様に一言お願いします。

「キャッスル・メイド」ご購入頂いた方、本当にありがとうございます。
まだご購入頂いていない方、全国の本屋さんで是非とも一度お手に取って頂けると嬉しいです。
この作品の編集として、いちファンとして絶対に読んで損はしないと自信を持ってお薦めしますのでぜひぜひ、宜しくお願い致します~!

*****************************************

ネクロハザード~傀儡の退魔少女~

PB011_ƒJ[ƒ}ƒŠ[_ƒJƒo[_

Q1)最初に作品を見たときの感想を率直にお願いします。
文体・改行を駆使して切りこんできたので正直読みづらかったのですが(笑)
これはどう収束させるのだろうか?と気になる内容でした。

 

Q2)それぞれのご担当作の、魅力を教えて下さい。
立場が違うヒロイン2人の思いの行く末が、単なる「ああ、良かった」で終わらないところでしょうか。

Q3)ちなみに担当作品の中のキャラで誰推しですか?
キャラではないのですが、「退魔庁」という全世界に通じる機関の存在が面白いです。
特典のショートストーリーでも少し書かれてますが、色々な退魔師がいて世界に散らばっている。
退魔師一人ひとりに大きな物語がありそうな「退魔庁」の物語あったら是非読みたいです。

Q4)最後に読者の皆様に一言お願いします。
「死体災害-ネクロハザード-」というダークな設定の物語ですが、主人公・レーシャの心理の真理を読み解くという軸を持っています。この世界に引き込まれる楽しさを味わってください。

*****************************************

パンドラコレクション

PD_cover

Q1)最初に作品を見たときの感想を率直にお願いします。
『パンドラは実在し、現在もその子孫が存在する』という物語ならではな設定で
ありながら、本当にあってもいいんじゃないかと思わせられたところが読み進める事が出来た一因です。

 Q2)それぞれのご担当作の、魅力を教えて下さい。
重く悲しい宿命を背負った少女が主人公…と思いきや、その単なるクラスメイトである一男子の
気持ちだけで突っ走った青すぎる青春ドラマ・というところです。

Q3)ちなみに担当作品の中のキャラで誰推しですか?
か細い身体で鎖やら鎌やら振り回すヒロイン・神凪有須です。

 Q4)最後に読者の皆様に一言お願いします。
青春ドラマ、ハードな戦闘、優しい友情、深い愛情、が詰め込まれています。
そしてラストでは涙はこらえず流してください。

*****************************************

漆黒のリグレット

PB011_ƒJ[ƒ}ƒŠ[_ƒJƒo[_

Q1)最初に作品を見たときの感想を率直にお願いします。

序盤から「この先どうなるの?」という衝撃的な展開から始まり
気付いたら読み終えていました。
昨今のライトノベルと比べると、王道すぎる王道という感じでしたが
逆にそれが新鮮でもありました。

Q2)それぞれのご担当作の、魅力を教えて下さい。

「後悔」が、この作品のテーマです。
物語の中では後悔をすることが絶対悪とされているのですが
「人が迷い、後悔をすることは本当にいけないことなのか?」
そんな葛藤を抱えた主人公リゼルの成長が、ひとつの見どころだと思います。

Q3)ちなみに担当作品の中のキャラで誰推しですか?

どのキャラも可愛く魅力的なのですが、一人選ぶとすればアーネです。
おしとやかなところと、柔らかい雰囲気にとても癒されます!
あとは個人的なポイントとして、三つ編みヘアが可愛いなと(笑)

Q4)最後に読者の皆様に一言お願いします。

この物語を読んだ後に、なにかを感じてもらえる作品になっていると思います!
多くの方に楽しんでいただけたら幸いです。

*****************************************

担当編集のみなさま、ありがとうございました!

 

本日9/3発売の4作品をそれぞれ読んでみて、インタビューの内容と照らし合わせてみるのも面白いかも!?

是非宜しくお願いします!

記事一覧へ戻る
SP版で表示する